群馬県立勢多農林高等学校長 挨拶
 勢多農林高校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 生徒の夢の実現に向けて、生徒と教職員が一体となって取り組む、地域に開かれた、信頼される学校づくりを学校運営の基本方針として、取り組んでおりますので、よろしくお願いします。
 本校は、明治41年に勢多郡立農林学校として開校し、来年度で創立110年目を迎える、長い歴史と伝統を誇る学校です。創立以来、農業教育の拠点校として、校訓である「明るく浄く 真面目に考え 雄々しく働け」のもと、高い志と夢を持ち、友と切磋琢磨しながら本校で勉学に励み、
自らを鍛え上げた2万名を超える卒業生が、県内のみならず広く産業・経済、政治、教育、文化など各方面でそのリーダーとなり大いに活躍しております。この「勢農魂」と言うべき志をいかに引き継ぎ、発展させるかが私どもの仕事と認識しています。
  本校の教育目標は、食料・環境・生命などの関連分野を担う「将来のスペシャリスト」として必要な「基礎・基本」を身に付けさせ、その身に付けた知識・技術を生かして各分野の課題解決に果敢に取り組む前向きな態度を養い、さらに、明るく活気に満ちた学園での生活を通して、職業人としての豊かな人間性をはぐくむことによって、地域社会や関連産業の発展に寄与できる有為な人材を育成することであります。
 本校は、これまでも農業関連分野の将来のスペシャリストを育成するために、各学科・コースにおいて多彩な教育活動を行っています。昨年度山形県で開催された技能五輪全国大会造園職種では、見事銀賞に入賞し、高校生日本一を達成するとともに、農業クラブ全国大会大阪大会では、プロジェクト発表、意見発表、平板測量競技、農業鑑定競技とすべての部門で優秀賞に輝くなど、本校の専門分野を活かした特色ある取組や活動を積極的に推進しています。また、部活動においても、陸上競技部が5年連続インターハイに出場、柔道部と弓道部が関東大会に出場、男子バスケットボール部は県ベスト16を維持するなど、着実に実績を上げています。
 そして、昨年度から文部科学省のスーパー・プロフェッショナル・ハイスクール(SPH)事業の指定を受け、地方創生や成長産業としての農業を担う人材育成を目標に、学習指導法や地域連携、キャリア教育等について研究を進めています。全国の農業高校のモデルとなる研究となるよう職員・生徒一丸となって取り組んでいます。
 農業教育の中心校としての本校の使命は益々大きくなっております。農業教育の充実と、本校発展の為に、今後とも一層のご理解とご支援をよろしくお願い申し上げます。

 群馬県立勢多農林高等学校 校長  福島  実