学校運営方針
1 基本方針
 (1) 生徒の夢の実現に向けて、教職員と生徒が一体となって取り組む学校づくりを進める。
 (2) 地域に開かれた、信頼される学校づくりを進める。
 (3) SPH(スーパー・プロフェッショナル・ハイスクール)研究指定事業を推進し、教 育活動の一層の改善・充実を
   図る。
2 指導の重点
 (1) 「勢農ブランド」確立に向けての教育活動推進
  ○SPH研究指定事業2年目の取組として、地方創生や成長産業としての農業を担う人材育成プログラムの開発
    を目標に、学習指導法や地域連携、キャリア教育の3点を中心に、関係機関等とも連携を図りながら、全校一
    丸となって研究を推進する。
  ○専門分野の将来のスペシャリストとして必要な基礎・基本をしっかり習得させるために、各学科・コースの専門
    教育や資格取得指導等を一層充実する。
  ○地域社会等に貢献するために必要な課題解決実践力を身に付けさせるために、勢多農林高校の特色を生か
    したプロジェクト学習(課題探求学習)や農業クラブ研究活動等を地域社会や地域産業と連携を図りながら一
    層推進する。
 (2)生徒一人一人をステップアップさせる指導の徹底
  ○基礎・基本をしっかり習得させ、思考力・判断力・表現力を育成するための授業の工夫・改善を一層推進する。
  ○基本的な生活習慣の確立と規範意識の向上を図るための指導を徹底する。
  ○早期の進路意識の醸成を図り、生徒一人一人の進路実現を図るために、進学指導の強化を含め、キャリア教
   育や進路指導をより系統的・組織的に展開する。
  ○生徒一人一人の社会性をはぐくみ、将来を豊かに生きるための力を育成するために、HR活動や部活動の一
   層の活性化を図る。
 (3) 豊かな人間性の涵養と愛校心の醸成
  ○職業人として必要な規範意識をはぐくみ、良好な人間関係を構築するために必要な力を育成するためにあいさ
   つ運動やみだしなみ指導の徹底や、HR活動、学校行事等を工夫するとともに、教育相談係を中心とした教育
   相談体制の強化を図る。
  ○本校の歴史と伝統への理解を深めさせ、本校に誇りと愛着を持てるよう、同窓会との連携を深める中で、学校
   行事等を工夫する。
 (4) 開かれた学校、信頼される学校づくりの推進
  ○保護者との共通理解を促進し、地域社会や関係機関との連携を一層強化する。
  ○Webページやオープンスクール等により地域への情報発信を積極的に進める。
  ○学校組織の活性化を目指し、全職員の共通理解や相互理解を深めるとともに、使命感の自覚や指導力の向
   上に常に努め、信頼に応える学校づくりを推進する。
 (5) 環境の整備と安全の確保
  ○校舎内外の清掃活動や環境美化活動の徹底を図る。
  ○校舎校庭等の安全点検を徹底し、学習環境を整備するとともに、事故の未然防止に努める。
  ○防災マニュアルを活用した災害対策を推進する。