学校の沿革
明治41年 4月15日 勢多郡立農林学校として開校
            (明治40年9月文部省より設置認可)
大正 3年 4月    県移管群馬県立勢多農林学校と改称
大正 5年 3月     校旗制定
大正 5年 6月    演習林開設
昭和 4年 3月     校歌制定(作詩 渋谷金丸 作曲 戸山学校)
昭和15年 4月    拓殖科1学級新設
昭和15年 7月    上泉農場開設
昭和23年 4月    学制改革により群馬県立勢多農林高等学校と改称
昭和29年 4月    生徒会と農業クラブを一本化し、
            「勢多農林高等学校生徒クラブ」と改称
昭和37年 4月    園芸科、畜産科各1学級新設
昭和41年 4月    生活科1学級新設
昭和51年 4月    緑地土木科1学級新設
平成 元年 4月    農業経済科1学級新設
平成 4年 4月    農業科、園芸科、畜産科、生活科学科にコース制設定
平成 4年 4月    生活科学科1学級減
平成 5年 4月    緑地土木科にコース制設定
平成10年 5月    農業を学ぶ12名の留学生をアジア諸国から受け入れる
平成12年 4月    学科改編により、生物生産科2学級、動物科学科、
            緑地土木科、食品文化科、生活科学科1学級とする
平成15年 4月    生活科学科を学科改編しグリーンライフ科を1学級新設する
平成19年 4月    生物生産科2学級を植物科学科、バイオテクノロジー科
            各1学級に改編
平成20年11月    創立百周年記念式典挙行

○卒業者数(平成27年度末)
 旧制 郡立    129名
 県立     3,425名
 新制 高校 16,668名(定時制270名)
 合計    20,450名