百周年にあたり同窓生の皆様には多額のご寄付をいただき、大変ありがとうございました。

遠隔地農場まで生徒を乗せる47人乗りの中型バスおよび29人乗りのマイクロバスの購入を
はじめ、校旗の新調、校舎内外の環境整備等を行うことができました。
これも同窓生の皆様の母校愛の賜物と思っております。

勢多農林高校は創立二百年に向けて新たな一歩を歩み始めました。
今後とも母校発展のため、ご尽力を賜りますようお願い致します。

何かございましたら、同窓会事務局までご連絡ください。
 
本校は明治41年4月15日 勢多郡立農林学校として開校し、
平成20年11月17日 百周年を祝う記念式典が盛大に挙行されました。
百周年を迎えた勢多農林
百周年事業報告
主な記念事業
1.記念式典・記念講演・記念祝賀会 同窓生を含む来賓の方々385名、
保護者69名、在校生679名の
ご列席のもと盛大に挙行
されました。   詳細
2.記念誌・同窓会名簿の発行 百周年を記念した百年誌及び同窓会名簿の発刊を行いました。
3.校旗の更新と校章の版の作成 大正5年作成の校旗を
更新いたしました。
4.中型バス・マイクロバスの購入

  80周年記念バス(大バス)を
   更新し、更にマイクロバスを
        購入しました。
5.スポーツトラクタの購入 グランド整備や芝刈りに
活躍するスポーツトラクタを
購入しました。
6.屋外時計の設置  登下校の際に屋外時計がない
ことから設置しました。
7.上泉農場 出入り口看板の設置 明治41年創立当時の門柱を
利用して設置しました。
8.DVDの製作 百周年の記録・資料として製作

百年の歴史を写真で、現在の実習
風景を映像で紹介

校歌、応援歌、勢多農イメージ
ソングが収録されています。
9.中庭など庭園を整備 式典を前に勢多農庭園整備
協力業者の皆様の協力で庭園の
整備を行っていただきました。
10.校樹・校花の制定 校樹(勢多農の樹)を「カヤ」
校花(勢多農の花)を「ヤマザクラ」
に制定しました。
11.百周年イメージソングの寄贈 高校第16回卒 武政正一氏が
作詞・作曲・編曲をした
百周年イメージソング「カヤの木」を
贈呈していただきました。
12、正門前の舗装 前橋市のご協力で、信号から橋
まで整備していただきました。
13.百周年を記念した寄贈

 百周年を記念し、いろいろな方から
   寄贈していただきました。
 代表的なものを紹介いたします。

「カヤの木」の寄贈
 高校18回卒 中島竹雄氏
 設置者 県立24回卒 田中芳保氏
       高校25回卒 田中  肇氏

「校訓」「校歌」の横額の寄贈
 本校職員 篠原真美子氏

油絵「白日の高原」の寄贈
 高校9回卒 天田輝夫氏

自叙伝の寄贈
 高校3回卒 丸山好雄氏
 『「権田−ボストンわが歩み」
 懐かしき麗しの母校勢多農林と
 共に』  280冊寄贈
上泉農場「カヤの木」の寄贈 「校訓」「校歌」の横額の寄贈
油絵「白日の高原」 自叙伝の寄贈
創立百周年記念式典